TOPへ

大腸カメラ検査

このような方は大腸カメラ
検査を受けましょう

腹痛

  • 便潜血検査で陽性
  • 血便
  • 便秘
  • 下痢
  • 便が細い
  • お腹が張る
  • 過去に大腸ポリープができたことがある
  • 家族に大腸がんを経験された方がいる
  • 飲酒・喫煙の習慣がある
  • 肉をよく食べる
  • 40歳をすぎたが、一度も大腸カメラを受けたことがない

上記の項目に当てはまる方は一度大腸カメラ検査を受けていただくことをお勧めします。特に便潜血検査で陽性となった方は、必ず大腸カメラを受けて下さい。大腸癌は早期の段階で症状がでることはほとんどありません。痔が原因、と思って放置した結果、後になって奥の大腸に進行した癌が見つかった方もいらっしゃいます。佐藤クリニックでは、がん専門病院で豊富な経験を積んだ医師による質の高い大腸カメラ検査を行っています。また、鎮静剤を用いた苦痛の少ない検査を実施していますので、過去に大腸カメラ検査で辛い経験をされた方も一度ご相談ください。

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査とは大腸カメラ検査は、内視鏡を肛門から挿入し、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を直接観察することができる検査です。直接観察することで、がんやポリープ、炎症などを発見することが可能です。また、検査中に早期がんやポリープを発見した場合、その場で切除術を行うことも可能です。

大腸カメラ検査で分かる病気

大腸カメラで診断ができる病気としては、ポリープやがん、潰瘍性大腸炎・クローン病とよばれる炎症性腸疾患、感染性大腸炎、虚血性大腸炎、大腸憩室症などの病変です。また、過敏性腸症候群の診断に役立てることもできます。

大腸カメラ検査の費用

大腸カメラ検査に必要な費用は、患者様の加入されている保険によって変動する場合がございます。また、診察料や血液検査、鎮静剤の費用が必要に応じて加算されますので、以下の費用はあくまで目安としてお考えください。

  1割負担 3割負担
大腸カメラ検査 約2,000円 約6,000円
大腸ポリープ切除(1つ) 約5,000円 約15,000円
病理組織検査 約1,500円 約3,500円

当院の大腸カメラ検査の特徴

がん専門病院で経験を積んだ内視鏡専門医による質の高い検査

内視鏡専門医が行う苦痛の少ない検査当院で行う大腸カメラ検査は全てがん専門病院で長年経験を積んだ内視鏡専門医が行っております。大腸カメラ検査は一般的に苦痛を感じやすい検査であるというイメージがあるかと思います。
しかしながら、経験豊富な内視鏡専門医が行うことで大腸がんや大腸ポリープの発見はもちろん、熟練した操作で苦痛の少ない検査を提供することが可能です。
鎮静剤を使用してウトウトした状態での検査も可能ですので、以前に大腸カメラ検査で辛い思いをされた方も当院までご相談ください。

鎮静剤を用いた苦痛の少ない検査

当院では、鎮静剤を用いた苦痛の少ない大腸カメラ検査を行っています。検査時に鎮静剤を使用することで、ウトウトした状態(気づいたら検査が終わっていたと感じる方もいらっしゃいます)になり痛みやストレスを抑えることができます。大腸カメラ検査に対し、怖いイメージをお持ちの方にも、リラックスしていただくことで短時間で安全な検査が可能になるためお勧めしています。
当院では、がん専門病院で長年鎮静剤を用いた内視鏡検査を行ってきた医師が適切な管理のもとで鎮静剤を使用するため、ご安心して鎮静剤の使用をご検討ください。

大腸ポリープの
日帰り切除術が可能

大腸ポリープ大腸カメラ検査を行うと大腸ポリープが見つかる場合があります。大腸ポリープは良性・悪性に関わらず将来的にがんになる可能性を秘めています。そのため、当院では、事前に大腸ポリープの切除をご希望されている患者様には、日帰りのポリープ切除術を行っております。日帰りで行うことができますので、お仕事や育児などで複数日程を抑えることが難しい方にもお気軽に受けていただくことができます。

患者様に合った下剤を
選択することが可能

大腸カメラ検査を受ける際には、大腸内を十分に観察するために腸内洗浄液(下剤)を服用することが必要です。しかしながら、この下剤の味や服用量に対し嫌なイメージを持っているのではないでしょうか。そのような方のために、当院では、複数の下剤を用意しているため、患者様の好みやお身体との相性に合わせて最適な下剤をご提案させていただいております。下剤の服用が原因で大腸カメラ検査を敬遠されている方は、当院までご相談ください。

自宅と院内、
選べる下剤の服用場所

当院では、大腸カメラ検査を受ける際の下剤の服用場所を自宅とクリニックからお選びいただくことができます。院内をお選びいただくことで、下剤服用が初めての方や不安のある方でも、いつでもスタッフに相談いただけますので、安心して下剤を服用していただくことが可能です。

検査後の丁寧な結果説明

検査後の丁寧な結果説明せっかく検査を受けたのに、検査後の説明不足や専門用語を多用されたことで、よく分からなかったという経験のある方は多くいらっしゃるかと思います。
当院では、そういったことが極力起こらないよう丁寧な説明を心がけております。
説明の途中で分からない言葉や説明があった場合は、お気軽に医師にご質問ください。

最新の内視鏡機器を導入

最新の内視鏡機器を導入当院では、富士フィルム社最新型の内視鏡システムであるELUXEO 8000システムを導入しております。こちらの機器を使用することで、非常に小さな大腸がんや大腸ポリープの早期発見をより高い精度で行うことが可能になります。また、検査の精度が上がることで、より短い検査時間で、よりお身体への負担を軽減した検査をご提供することができております。

24時間web予約受付

WEB予約当院では、24時間webから大腸カメラ検査のご予約をしていただくことが可能です。
電話によるご予約をご希望される方は、クリニックの診療時間内にお問合せ下さい。

24時間web予約はこちら

大腸カメラ検査の流れ

1大腸カメラ検査前診察と検査予約

予約

大腸カメラを受ける方は事前の診察が必要になります。外来を受診していただき、その際に前日からの食事や下剤の飲み方、検査で大腸ポリープが発見された際の処置などについて詳しくご説明します。その上でご予定に合わせて、大腸カメラ検査日の予約をしていただきます。

普段お薬を服用されている方は、検査前、当日の休薬についてご説明致しますので、お薬手帳もしくは飲んでいるお薬をご持参下さい。特に血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方は、必ずお伝え頂きますようお願いいたします。組織のサンプルを採取する処置やポリープ切除の際の出血の原因となりますので、ご協力をお願い致します。

Webで大腸カメラ検査の仮予約をされた方は、予約日の1週間前までには必ずご来院の上、大腸カメラ検査前診察を受けていただきますようお願いいたします。(Webで検査前診察の予約が可能です)。もし期間を過ぎてしまった場合は、自動的に予約はキャンセルとさせていただきますので、ご希望当日に大腸カメラ検査を受けることはできません。
当院では24時間お好きな場所からご予約していただけるwebシステムを導入しております。大腸カメラ検査前診察の予約と大腸カメラの仮予約が可能ですので是非ご利用下さい。

24時間web予約はこちら

2大腸カメラ検査前日

事前診察の際に、医師から休薬や服薬の指示はあった方は、その指示に従って頂きますようお願いいたします。
当院では検査前日のお食事(朝食・昼食・夕食)は検査食をおすすめしております。
夕食は19時までに済ませ、検査まで絶食となります。
水分は取って頂いて構いません。
おやすみになる直前に事前診察の際に処方された緩下剤を内服してください。

2大腸カメラ検査当日

下剤服用

検査予定時刻の概ね3~5時間前から下剤を飲み始め、2時間程度で飲み終わるようにします。飲み始めてしばらくすると便意が起こり、何度もトイレに通います。飲みきってしばらくすると便意が落ち着いてきますので、それからご来院ください。
ご自宅での下剤内服がご不安な方は、院内での下剤内服も可能です。お気軽にお申し付けください。

3検査前

便の状態を確認し、当院でご用意した検査着に着替えていただきます。

4検査

大腸カメラ検査自体は20分〜30分程で終了します。ポリープが見つかった場合は、同時に切除することも可能です。
検査終了後は待合室に移動していただきますが、万が一不調などが現れた場合はすぐにスタッフまでお声がけください。

5結果説明

検査中に撮影した写真もお見せしながら検査結果について説明いたします。採取した組織や切除したポリープは病理検査を行います。病理検査の結果がでるまでには1週間程度かかりますので、後日結果を説明します。
説明中に気になる点がございましたらお気軽にお申し付けください。

大腸カメラ検査の
受診をお考えの方は
当院までご相談ください

定期的な大腸カメラ検査による早期発見・治療で、大腸がんをはじめとした多くの疾患は治せる時代になってきています。そのため、現在、症状がある方も無い方も、定期的に検査を受けることをおすすめ致します。大腸カメラ検査の受診をお考えの方は是非ご相談ください。